スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の時間 とは。


blog.jpg

母親になると 自分の時間=母である自分の時間であります。
まあ 割り切って切り離すと言う選択もありますが…

「自分の時間が無い」と嘆くお母さんもいらっしゃるようですが、あと数年の辛抱ですよ!!
子供なんか あっと言う間に親から離れますもん。。。
今だけだから 育児、楽しみましょう。

と言ううちの子も 例に漏れず 魔の2歳児に突入しておりまして、体力と気力で乗り切っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャンドルを始めるにあたって 旦那さんと話し合いをしました。

彼は今まで 私のブログを一切読まないと言う位 自分は自分 と言う割り切りのある人だったし、
私自身、結婚していても自分の時間 と割り切っていた。
だから お互い ホント 同じ屋根の下に居ながらバラバラの生活だった。

でも 子供が出来たし、今までのお互いのあり方なんかを想った時に、私の活動が家族がバラバラになるきっかけになってしまっては(私は夢中になるとのめり込むので)せっかく「家庭で灯って欲しい」キャンドルの意味が無くなると想い、旦那さんと話し合いをしました。
なるべく 一緒に活動する、創作活動について想っている事があったら話す。

一緒にアースデーに行ったり 今回もずいぶんとお世話になりました。
息子を見て貰って 搬入の手伝いもしてもらって…。

倉島さんと西牧さんにも 旦那さんが優しいと言って貰って 嬉しかったです。
ありがたい事ですよね。ほんと。



昔 まだ子供が授からない頃に 子供のいるお母さん達と一緒にお茶をしていた時に
私が足にネイルをしていたら(その頃、ネイルデザインにはまっていた)、

「まあ そんなのも子供が出来たら出来なくなるから」
「そうそう そんな暇も余裕もなくなるから」

 って言われて、珍しくカチンと来てしまった。

私は暇だからやっている訳じゃなくて デザインが好きだからやっていたのと、
ネイルを本格的に勉強したかったので「そんなの」と言うのが嫌だった。

恐らく 好きなままなら子供が出来ても続けると想っていたし、
時間の使い方なんか 人それぞれだから そんな言い方しなくても良いのでは?と想ったけれど
なにぶん 子供が居ないので 説得力も無いので 何も言えなかった。

実際、子供が生まれてからも私はガラスをやったり キャンドルをやったりしている。
OL時代のヘソクリで買った材料でやっているので ほんと 細々ですが。(笑)

臭いがダメになっていなかったら ネイルだって絶対にやっていた。
夜中に足の爪とか綺麗に手入れするのって 結構リフレッシュなんですよ。 

ガラスは旦那や実家に子供を預けないと出来ないから今はやっていないけれど
キャンドルは こうして夜中、頑張って起きて居れば出来る。
今回の出展に向けて かなり長く 毎晩3時間くらいの睡眠で過ごしてきた。
昼間いっさい出来ないですからね…。


もしかしたら そのお母さん達は全力で家庭内にパワーを注いでいて
トイレは毎日ピカピカ、排水溝もツルツル、何から何までお手製 かも知れない。
それはそれで 素敵だと思います。
そんな風にお母さんにして貰っている家族は安泰です。

私はそこまで確かにやっていないけれど 家族の幸せの在り方とか 自分なりに決めた理由があるから こうして活動している。だから振り返ってしまったり 不安になっては居ない。
将来 もっと家族が楽しくなると信じているし。

結局 家族が幸せなら それで良いと想うのです。
家族の幸せを考えていれば それが正しいと想うのです。
どれが正解なんて 無い。

キャンドルも 使った事が無かったり 関心が無い人から見たら「そんなもの」かも知れません。
そして 育児中によくやるわ。と想われるかも知れません。
想われるのは しょうがないですね。

でも そういうアイテムがあると 生活に追われるだけの毎日に ちょっとした「一呼吸」が出来たりするので
本当にお勧めなのです。
それを伝える役目なのが作り手なのかも。

なので 私は自信を持って 物作りをしていきたいと思います。



スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。