スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に起きている事

(写真は消しました)

死者・行方不明者が毎日増えています。
その「数字」に慣れて来てしまっていないか 自問する日々。

3月11日から数日の緊張感、被災者を想う気持ちに変わりはありませんか?

私は少し いつもの生活に逃げて居る部分がありそうです。
津波に飲まれた親子の写真を見て 気がつかされました。
当時の緊張感が無くなって居る心。

恥ずかしさと 悲しみで 何年ぶりでしょうか 嗚咽して 泣きました。

経済をまわしておく事も必要。

でも こんなに沢山の人が亡くなり、残された人達は喪失感を、そして闘っている事を想えば、
もしかしたら「いつも通りにする事も必要」なんて言うのも 何か違うんじゃないかと気づかされた1枚でした。

私なりの考えがありますが 
まだまだ きっと甘い。


TVやラジオだけじゃ分からない現実。

写真を見て きっと衝撃を受ける人も居るでしょう。
想像はしていました。
でも 想像は想像でしかない。

これが 本当の被災地の現実なんです。

出来る事から始めよう を重く受け止め これから過ごそうと思う。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。