スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いキャンドル

shiro.jpg

円柱キャンドル、作るのかなりハマっています。

型の材質によっても かなり表面の質感が変わるので
その質感に合う色を選ぶのが楽しいのです。

どんな風に模様を入れるか想像しながらパーツをロウに埋めていく時は
ドキドキです。

全体のバランスとか考えて。
早く固まらないかな 早く型から抜いてみたいな。と
そわそわして なんども型の温度を確認してしまいます。


この円柱キャンドル、私は中に色々な模様のパーツを入れています。
炎を灯すとぼんやり。

炎を灯して1時間ほどしてから見てみて下さい。

中に入っている ハートやスペード、星や月が浮かんで見えます。

このパーツを作るのがとっても時間がかかります。

1つのキャンドルに沢山のパーツを入れているので、
沢山作ったつもりでも あっと言う間に無くなります。

でも 型から抜いた時にかわいい模様が見えると、ケチらないで入れて良かった♪
と思えます。(笑)

このシリーズ、色々な色がありますが、
私の母のお気に入りは 白いキャンドルです。

白なんて なんだか地味って想うかも知れませんが、
このキャンドルは中にパーツが全体に入っていますので
灯すとそれが全体にきれいに浮き上がる良さがあるし、
やはり 純白って気持ちをスッキリ清潔にしてくれるような気がします。

実家でも我が家でも玄関にこのキャンドルを灯していますが、
凛とした清潔感のある空間を作ってくれるので とってもお勧めなんです♪


写真は我が家の玄関です。

いかがでしょう?

1本のキャンドルを灯すのも素敵ですが、
こんな風に質感の違う 色々な形のキャンドルを灯すのもお勧めですよ。

スポンサーサイト

テーマ: ハンドメイドの作品たち - ジャンル: 趣味・実用

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。