スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンドルと言えば lifart...さん

lif


松本で注目の…そして 先日あのLEEにも掲載され、
全国区になりましたlifart...さん

先日のアースデーで おいきあいする機会に恵まれ、
キャンドル話なんかも出来、
あの日は興奮冷めやらぬまま な私でありました。

写真のキャンドルが 西牧さんのキャンドル。
私好みの色合いが沢山あって迷いましたが、この色をゲット。
蜜ろうキャンドルもめっちゃくちゃ可愛い!

くー。
一眼レフが欲しい。
本当にキレイな色合いなんですよ!!

手にとった時に感じる重みは ロウの重みでは無く
西牧さんの キャンドルへの想いや 日々の生活のこだわりから来るものなのだと思いました。
それが ずっしりと詰まった感じで。
なんて言うのか 丁寧でもあり まっすぐであり…
手にしたら なんとも言えない気持ちになりました。

キャンドルや物作りと向き合ってきた月日が込められたキャンドルです。
色々な事を教えられたような気持になりました。

6月に京都から来る友人のおもてなしで灯させて頂きます。
ううむ 楽しみ。

インスパイアと言う言葉 私はとても好きなのですが
まさしくそんな感覚を貰った 西牧さんの作品でした。



そして 西牧さんとは 通学を共にした(私が小学校の高学年か中学校)ご近所さんなのでした。
子供大好きで 近所の子供のお守りをして回って居た私にとって、
めっちゃかわいい西牧姉弟と通学したいと思うのは至極当然で…。
家の前の信号で 蟻地獄のように待ち伏せしていたものです。
最初は突然話しかけたせいでびっくりして逃げられましたが 爆

大きなランドセルを揺らしながら駆けて行った男の子が
(あの後ろ姿が忘れられない)
松本を代表するキャンドル作家になったのだなぁ。。。

んー なんとも胸が熱くなりますな…。

梓川立田のものとして 誇りに思います。

西牧さんがHPで なんと私のキャンドルを紹介して下さいました。
うう 嬉しい・・・
勿体ない感想を頂き 嬉しいのと同時に 頑張るぞ!と言う気持ちも頂きました。
ありがとうございます!!


松本って 本当 キャンドル作家さんが少ないのですが
立田地区 めっちゃピンポイントで2人も!

これも 何かのご縁。
とても大切にしたいと思いました。


みなさんもぜひ lifart...さんのキャンドルをお手元に!
灯した写真も後日アップしまーす!
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。