スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処理能力

生活をしていると
色々な情報が耳から 目から入ります。

うれしいニュース
悲しいニュース
怒りのニュース

ニュースって言うものでもなく

身近でも 色々な感情を抱くこともあったり

新しく入る情報じゃなくて

もともと考えなくちゃいけないのに
後回しにしていた事とか
…幼児虐待 大麻問題 環境問題 犯罪の低年齢化 あれこれ

ひとつひとつを1日のうちに考えをまとめるのはとても無理で

こうして子供が寝居ている間や
夕飯の下ごしらえをしている時や
眠る前だとか そんな時しか向かい合わない

もうすぐ選挙。
みなさんは考えがまとまりましたか?

正直 どこの党がいいか なんて…
たった1日の出勤で何百万も月給を貰っちゃえる人達なんか
サラリーマンの気持ちなんか理解できんでしょ?って
信用なんか出来ない今
応援したい党なんてどこにもない。

でも 決めなくちゃいけない。


どこの党も 他の党の批判ばっか。

私はこれが大嫌い。

化粧品とかで「あそこの化粧品は●●が入っているからダメ」みたいなレベル。

自分のやり方に自信があるなら それだけに邁進してほしい。
国民は馬鹿じゃないから 何のどこがダメかなんて言われなくてもわかるよ。

でも 望みは捨ててない。
一応 みんな何かを抱いて立候補しているはずだから。
頑張って欲しいものです。


この季節になると 特にNHK教育では 戦争についての番組が増えます。
戦争経験者がどんどん少なくなる前に もっと聞かなくてはいけないですね…。

私の両親もB29を見ています。
戦闘機を見て 野原を全力で逃げた経験もあります。
息子にも話して欲しいと思う。

原爆ドームの近くで生活していた女性の話を今日は聞きました。
家族の中で生き残ったのは彼女1人だけでした。

自分の親、小さい妹や姉妹が黒こげになっている姿を見た彼女の気持ちを思うと
本当に辛い。
自分の子供が 家族がそんな風になっていたら…。
頭がおかしくなってしまいそうだろう。
怒りの矛先をどこにも持っていきようの無い苦しみも想像を絶する。


いつまで沖縄はアメリカに利用されていなければいけないのだろう

もう 昔の取り決め以前に 国際関係として当然なのだろうか


選挙の話に戻ると 嘘か本当かわかりませんが
辺野古を買い取っていた議員が何人か居るそうです。。
もちろん 移転の話が出る前から。


どんだけ腐ってるんだ?

沖縄の人々の気持ちなんかどうでもよくて
転売で儲けようと思うような人が日本の舵を取る場所に居るのが恐ろしい。

今 育児をしながら 色々な事を考えます。
国際的なレベルじゃなく
小さな心の戦争は そこらじゅうにあふれている。
憎しみあったり 色々、ね、

何を伝えるか
それを考えるとき 
自分がどうなりたいか とイコールだとも気づく。
当たり前なんですがね

意外と忘れている事かもね

誰にも傷つけられず
誰も傷つけない優しい子に、
思いやりのある子に育って欲しいって願うなら

まずは 親が・・・って事に。


私も忘れますもん…。
弱くなったり 強くなったり。
蛇行運転って言う時もあります。

処理能力 なかなか追いつきませんが
じっくりとね。
考えます


きっと誰もが そういう事 
考えて 悩んでいるのだろう 

そんな しっかりした人間性をまだ掴めていない若輩者ではありますが
人として ぶれず、まっすぐ、、、

家族や友人や 色々な人と接して
そういう事 考えて行きたいな。

それが生きてくって事なのかな
とか。思ったり、

スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。