スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かありきの自分なんて

今 カメラマンの勉強をしています。

高校の頃に諦めたカメラマン。

美大はお金がかかるから諦めた。
親にも反対されたから諦めた。

…いや 本当にやりたかったら 親の反対を押し切って 自分でいけば良かったんだから。
その勇気も無かった。

でも どうしても諦めきれなかったカメラ。  
初心に帰って 素直な気持ちで勉強しなおしてます。


まだ 研修中なのですが
もし 最後のプレゼンでダメなら最初からやり直しか、クビです。
キビシイ世界です。

業界の年齢的に 勉強を始めたのはギリギリです。
でも、ギリギリで滑り込みセーフだったと思える。

納得できるまでいきたいのです。


先日 ぼんやりとしていた「私のダメな部分」と言うのが
撮影した映像を通して分かった。

映像だけで社長はカメラマンの心や生活が見えると言っていた。
…怖い…。
私の弱い部分もきっと見えているのであろう。

まだ修行中の私の映像が「頭でっかちな映像」だったのは言うまでも無いのですが…。


ちょっと前まで野心家だった。

何か格好いい事やりたい なんて思ったりしていた。
「何かありき」で無ければ 自信が無かったから。
だから 何かを持っている人に凄くあこがれた。

でも もともと「自信」ってなんだ?「何かってなんだ?」と今は思う。

結局 人からどう見られているかでしかないのかも知れない。

人の姿を、作風を、歌を、生き方を批評する事は 気持ちの置き方として優しい事じゃない。
他人を評価すると言う事は つまり 自分も評価されていると感じているからだとも思う。

それは寂しい事だとも想う。

私も何年か前まで そんな寂しい人間でした。

誰かの生き方を批評するなんて、人生経験を積んでも、何歳になってもしてはいけない事だ。

良く耳にするフレーズ、「私は私」とは思わない事が大事だと思う。
その時点で 人と区切ろうとしてしまっているから。
人が一緒に生きてくれて自分なのだもの。

これからの社会に必要だと思う事、それは丁寧に生きる事。
それが出来たら きっと人の生活だって大事に思えるはず。と思っています。

物だってそう。
自分が何かを丁寧に作っていたら、人が作った物も丁寧に使うはず。
自分の命にまっすぐなら、人の命にもまっすぐになるはず。

自分が人生を大切に思えて居なくて
他人の人生なんか大事に思えるはずがないから。

でも…。どうしても 相容れない人だって 当然居ます。
それぞれ皆 自分軸があるのだから…
出来るだけ避ける人を作らないようにしたいと思ってきたので
本当はしっくりこないのですが マイケルジャクソンも言うように
ゴタゴタには近づかないのが一番なのだと思います。

正論も刃になり得るから…


これから 自分の作品と向かい合う中で
子供達に伝えたい事を 身をもって教えていけれたら と思う。

そして 辛い時、弱い時でも 人の幸せを心から喜べる、人の存在に感謝出来る人間でもありたい とも思う。

10年先、どんなカメラワークが、どんな制作活動ができるようになっているのかとても楽しみです。


来週は外の撮影… 熱中症に気をつけねば…。


…すみません 語るような日記になりましたが、紐解けたような気持ちだったので 
自分の記録として書き込みました…。
スポンサーサイト

Comment

頑張ってね!!
晴れると良いね。程々の暑さで・・

2010.08.06 (Fri) | AKE #- | URL | 編集

ありがとうございますー。

本当。。。ほどほどのお天気を期待しつつ…です。
日に焼けるのも嫌だなー。と思います。

女優なのよー!!
(ってギャグをいつか言ってみたかった)

2010.08.06 (Fri) | 弓 #- | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。