スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現をする

                 2010-08-09 08.53.16




このお盆休み中に 家のビデオで撮影した映像を先輩にチェックして頂いた。

前回指摘された部分を気にしながら撮影したものだったのだけれど、
自分で見直しても どこか「平面」な映像。

やはり そこを指摘されました…。

「きちんと」なんて考えながら撮っていると、自然さも無かったりして、
…本当、素直に映像に出てしまうものなのだな。と思う。

来週は松本城での撮影。

そして 早ければ 週末には 撮影現場見学。


日々精進…。


・・・・・・・・・・・・


思えば ずいぶん長い道のりだったな。と思う。

写真から始まり、絵、メイク、エステ、バンド、ネイル、ガラス、キャンドル…と
表現をする方法をずっと模索してきたけれど、
何かモノづくりをしたくて でも 決められず模索してきた訳じゃなく、
自分ってなんだ?生きてくってなんだ?って言う部分がハッキリしなくて、
思っても居ないのに「Yes」と言って繕ってみたり、
無駄に「NO」と言って孤立してみたり、
他人と自分との心の部分で揺れている部分を模索していただけだった。

出産を1週間後に控え、身近な人の死を見、
人は死ぬ為に産まれるんだな。って気がついてから、無駄な想いがどんどん削ぎ落とされていった。

このお腹にいる息子も どんなにみんなで愛して守っても、
何か病気になるかも知れない、災害に遭うかもしれない、事件に巻き込まれるかも知れない、
いじめにあうかもしれない、…もちろん そんな事が無い事を祈りますが、親が守りきれない、小さな心を痛める事が沢山ある訳で…自分だって消えてしまいたい程苦しい事があった位だもの…
生き方や考え方で 苦しみの大なり小なりは違えど…それでも 私はこの子を世の中に産みだすんだ。と思ったら、強くならなければいけないし、小さな事にモヤモヤしている場合じゃない。生きている間に出来る事や感じた事には素直に反応しよう。って思えて、息子を産んで 生まれ変わった気がしています。

だからこそ とことん 自分のやりたい事はやらなくちゃ気が済まなくなって…。

モノづくりを始めてから 改めてひとりでコツコツが好きって気がついて、ガラスやキャンドルに出会えた事はとても幸せだな と思います。
ただ 始めたそのころは まだ心も弱く、流されやすかったから、人生で初めて味わった友人の深い裏切り、旦那とのすれ違い、色々な事で頭がいっぱいで、きっとモヤモヤしている作品が多かったと思う。

私が一番苦手な部分の「人との関わりで生じる摩擦と言う現実と向き合う事」を凝縮して感じた時でもありました。

今思えば それらの事は 出産前に清算しなくてはいけない 自分の弱い部分で、
母親になる前の試験だったのかもしれません。

自分の人生は自分で責任をとるしかないなら、本当に気持ちいい状態で生きたいって思えてからは、
どんな小さい事でも楽しく思えるようになりました。
…もちろん その代償のように 無くしたものも沢山あるけれど…。

 
人と向き合えるカメラを通して 他人の人生と関われる事も有難いと思うけれど、
結局 何かを創作して、それを誰かに提供するには、自分がまず充実してなくちゃダメだな。と思います。
充実と言っても 今満ち足りている訳じゃなくて、満ち足りる為に自分に問いかけ続けているって言う意味での「心の充実」なのですが、どうしても何かに疲れてしまうと その問いかけも面倒くさくなったりします。

でも その疲れは 私の場合は「人との摩擦」で、自分の心の体力は必須なのですが、
その部分含め、徐々に補充できる強さが持てるようになりたいなと思います。




スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。